夏の水槽管理


こんにちは。
夏が近づくにつれ、気温が上がり気が付いたら水温が急上昇ってことがよくあります。
ココではうちでの水温管理方法を紹介します。

我が家では冬場はコリドラスにあわせ22℃に設定しています。
普段から省エネのため水槽に保温シートを巻いてます。

5月くらいから気温上昇にあわせて少しずつ温度を上げていきます。
昼間と朝方では気温の差が大きいので、日中の温度に合わせてあげていきます。
そして、水温が28℃になったらファンを設置します。

色々あるんですけど、GEXのドライヤー型になったのがいいですね。
色々使った感じこれが一番よく温度が下がる感じです。

そしてうちは西日が当たるんで、簾で日光が直接部屋に入らない用にしてます。
これでなんとか、28~30℃で温度を保ててます。

水温が上がると慌てて下げたりすることがあると思います。
下げた温度で維持できるなら下げたらいいと思いますが、維持できない場合はそのまま高い温度維持の方が魚に負担が無く病気になりにくいです。

熱帯魚はじめた頃に分からなくて、温度の上昇を少しでも下げようと、昼間に凍らせたペットボトル浮かべたりしてました。
でも一時的に温度が下がるだけで、当時飼っていたネオンテトラやグッピーが次々にマツカサや腹水病にかかり全滅しました。

こういう苦い経験があるので、ムリに温度を下げず常温を維持することをお勧めします^^
ただし高温になると水も汚れやすいし、そうなると病気にもなり易いのでこまめな水換え等、水槽管理が必要ですけどね。



断熱シート


GEX冷却ターボファン


熱帯魚のおススメショップは楽天市場



にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
にほんブログ村 FC2 Ranking


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。