体に白い点々が付く白点病


白点病は繊毛虫の仲間のクリプトカリオンイリタンスという虫の寄生でかかる病気です。
我が家ではチョコレートグラミーを飼育していた時にかかりました。
チョコグラが低PHのブラックウォーターを好む魚で白点病にかかりやすく大変でした

さて白点病は熱帯魚や金魚、観賞魚がかかりやすい病気の1つです。
白点虫が魚の体に寄生して作るコロニーが白点病の点々です。
放っておくとコロニーの中の仔虫が魚の体液を吸い成長し、水中に出てまた次の魚に移ります。

そのサイクルは5日ほどであっという間に水槽内は繊毛虫でいっぱいになります。
寄生された魚は痒がってあちこちに体を擦り付けます。
眼が白く濁ります。
数匹に同じような点々が数個でもあったら白点病でしょう。
白点虫が魚の体から離れると白点は一旦消えるようですが、治ったとは思わない方がいいです。
水中で増えさらに白点が増えます。
水温25~28℃くらいが発病しやすいようです。

白点病は発見したらそのまま薬を使います。
というのも水槽内に白点虫がいるので白点虫を一掃しないといけません。
当時使った薬はメチレンブルーです。


水草は念のため水槽から除けておきます。
でも白点虫が付いているかもしれないので、水道水でしっかり洗いました。
そのまま水道水に漬けておきました。
虫はカルキに弱いのでカルキ抜きは使いませんでした。

で、水槽の方はコリドラスも居たので1/3の薬浴と水温を30℃に設定。
5日後水替えで高水温のまましばらく様子を見ました。
活性炭は薬効果を吸収してしまうので水槽にはいれません。
ちゃんと治りました。

▼白点病の薬(メチレンブルー系の薬)
 

チョコグラは弱くて何回も白点病にかかり大変でした。
何回も薬を使うのも魚によくないので塩に変えたりしました。
白点虫は塩分に弱いので水量に対し1%くらいの塩で治療してみたら、塩水浴でも効果がありました。
熱帯魚のおススメショップは楽天市場



にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
にほんブログ村 FC2 Ranking


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。