塩水浴


熱帯魚は体のなかに0.5%の塩分を持っています。
水槽で飼育してると真水になりますが、魚が体調崩した時や、病気の早期治療には塩が有効です。

まず塩は魚の新陳代謝をよくします。
そしてミネラルを補給でき魚の負担を減らします。
魚自体の治癒能力が上がるので、様子がおかしいと思ったら隔離してまず塩水浴がいいです。
(明らかに病気の場合は薬の方がいいと思いますが)
初期症状なら塩水浴で治すことができたりします。

濃度は水量に対して0.5%~0.8%。
1%(水1Lに対し塩10g)までは通常飼育が可能です。
病気が発生した場合の元気な魚たちの病気予防にもいいです。
塩水浴する場合、水草は枯れるので除けておきます。

我が家でも、口ぐされの初期で少しただれてるのを発見した時に、薬は使わず塩水浴(0.3%~0.5%)しました。
口くされ病と言えば厄介なカラムナリスですが、いつの間にか治ってました。
カラムナリスは塩に弱いと言われていますので、薬を使う場合にも薬+塩0.1%も有効です。
また流木などで傷を作ってしまったときの発病予防にも効果があります。

病気=薬とすぐに薬を使っていると魚の免疫力も落ちるし、薬害を受けることがあるので、あれ?と思ったらまず塩で様子を見るようにします。
このとき水温は30℃くらいまで上げます。

そして塩は虫に有効です。
虫は塩の浸透圧に耐え切れず死にます。
ちょっと濃いめの濃度がいいかな。
このときは最大2%までの濃度にします。
それ以上の濃度には耐えれないので2%で2時間ほどです。
ここまで濃くしなくても虫は死にます。

熱帯魚のおススメショップは楽天市場



にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
にほんブログ村 FC2 Ranking


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。