熱帯魚の病気と治療


熱帯魚の病気は早期発見することが大事です。 早めの治療ができれば、薬も少なくてすむし、使わなくて済むこともあります。 病気にさせないために、またかかってしまったときに完治できるように役立ててください
熱帯魚のおススメショップは楽天市場



にほんブログ村 観賞魚ブログ コリドラスへ
にほんブログ村 FC2 Ranking


熱帯魚の病気治療に唐辛子
こんにちは。 夏が近づいてくると色々心配が出てきます。 特に温度変化が激しくなる初夏から、水温が上がりまくる真夏は病気も要注意ですね。 うちもそうなんですが、ナマズの仲間たちや薬に弱い魚、薬が使えない魚を飼育してる水槽では病気は特に困ります。
基本は水管理
色々熱帯魚の病気について書いてきました。 専門家じゃないので間違ってるとこがあったかもかも知れないですが 基本は病気にさせないことだと思います 水質管理をちゃんとしてあげることですよね。 定期的な水替えをきちんとしていつもきれいな水を保ってやること
水カビ病
ナマズの仲間で丈夫なオトシンクルスが水カビ病になってしまいました。 流木で体をこすったらしく傷に水カビがついてしまったようです 水カビ病はその名の通りカビが付きます。 よく見るとカビの繊維がはっきり見えます。 カビの菌が魚の体表に付きます。
塩水浴
熱帯魚は体のなかに0.5%の塩分を持っています。 水槽で飼育してると真水になりますが、魚が体調崩した時や、病気の早期治療には塩が有効です。 まず塩は魚の新陳代謝をよくします。 そしてミネラルを補給でき魚の負担を減らします。 魚自体の治癒能力が上がる
体に白い点々が付く白点病
白点病は繊毛虫の仲間のクリプトカリオンイリタンスという虫の寄生でかかる病気です。 我が家ではチョコレートグラミーを飼育していた時にかかりました。 チョコグラが低PHのブラックウォーターを好む魚で白点病にかかりやすく大変でした さて白点病は熱帯魚や金魚
糸くずのような虫が付く
熱帯魚を飼育していると糸くずのようなものが魚の体にぴろぴろと付くことがあります。 寄生虫ですね。 イカリの形をした「イカリ虫」(10mmほど)、蝶の形をした「チョウ虫」(4mm)、糸くずのような「せん毛虫」などがいます。 これらの虫が魚の体に付くと痒
カラムナリス病
カラムナリス病はフレキシバクター・カラムナリスという細菌で、エロモナスと並んで厄介な病気です。 我が家でも発病しました。 購入して1週間トリメンしたネオンドワーフレンボーの子供です。 尾が溶けるようになくなり、尻のあたりが体色が抜け落ち
エロモナス病
co.エレガンスがエロモナス病にかかりました。 呼吸が荒くふわふわと泳ぎまわっているのを発見しました。 目が飛び出すポップアイの症状がみられ、えらの下が大きく膨れています。 お腹が膨らんで見えるので「腹水病」でしょう。 左の鰓の部分がただれていま